インナードライでニキビができやすい人の保湿スキンケア

 

インナードライ肌という肌質があるのをご存知ですか?
乾燥肌やオイリー肌はよく聞きますが、インナードライ肌はあまり馴染みのないワードですよね。
実はこの肌質になってしまっている人は多く、自分でも気づきにくいため間違ったケアをしてしまう人が多いんです。

 

ニキビや肌荒れを防ぐためにも、インナードライ肌の症状やスキンケア法を詳しく知っておきましょう。

 

 

インナードライ肌と乾燥肌の違い

 

乾燥肌は名前の通り、肌が乾燥しやすい肌質のことですね。
肌表面の水分量が足りずにカサカサになってしまったり突っ張ったりします。

 

インナードライ肌は表面はオイリーなのに対して肌の内側が乾燥してしまっている状態を言います。

 

洗顔をすればするほどテカる、テカっているのに肌が突っ張っている感じがするなどの症状が見られます。

 

 

インナードライ肌を改善するスキンケア

 

インナードライ肌は肌の内側が乾燥していることで皮脂の分泌も過剰になり、
ニキビもできやすくなります。
オイリー肌だと思って脂とり紙を多用したり、保湿を怠るのは逆効果です!
インナードライ肌だからこそ保湿ケアはしっかりしていきましょう。

 

保湿成分がたっぷり入っているもの

とにかく肌にうるおいを与えてあげることが大切です。保湿成分が多く配合されているものを選びましょう。

 

浸透力が高いもの

インナードライ肌は肌表面よりも内側に渇きがある状態です。
配合されている保湿成分が肌の角質層までしっかり届くように浸透力の高いものがおすすめです。

 

 

洗顔のし過ぎにも注意!

 

洗顔やクレンジングのし過ぎは乾燥をひどくしてしまいます。
乾燥が悪化すると皮脂も多くなりニキビもさらにできやすくなるので注意が必要です。

 

優しく丁寧に、短時間で汚れや余分な皮脂を洗い流すのがポイントです。
正しいスキンケアでインナードライ肌を改善し、ニキビのない綺麗な肌にしていきましょう。