体を眠りへと誘導する、これが大切です。

眠りとはやはり心と体をリラックスさせることがスムーズに深い眠りへと導くものです。

先ずは寝る準備として、お風呂にゆっくりと入り体を温めましょう。

体が冷たいとなかなか寝付けないものです。

ホットミルクを寝る前に飲むのも良いでしょう。

夜の食事の選択も大切です。

寝る二時間前に食事は済ませておきましょう。

とくに刺激物が含まれる食べ物はやはり寝る前にとるのは好ましくないかもしれません。

そしてテレビやパソコンなど脳を刺激するもの、これもせめて一時間前は控えると良いですね。

音楽もリラックスできるものを選曲するとさらによいかも知れません。

アップテンポの歌は脳に刺激を与え、寝ようとする方には好ましくないように思います。

電気に関して言えば、少し明るさをおさえた感じの方が眠るには良いかと思います。

あまりに明るいとこちらも脳を刺激する要因にもなりかねません。

つまりスムーズに眠るには如何に脳に刺激を与えないかが大切であり、それは食事や回りにあるものにより大きく影響を与えることを念頭におき、それに注意することにより、時間をかけることなく眠りにつけるというわけです。

寝付きが悪い人はそういう点をチェックし、改善してはいかがでしょうか?如何なる方法を選んだり、改善してもそれでも眠れないという方は無理に布団につき寝ようとする、これは余計に眠れなくなることにつながります。

ゆっくり体をほぐしたりマッサージをしたりして血行をよくする。

柔軟体操をするなどして体を温める、それらをすることで眠りへと誘導してくれることでしょう。

自然に眠れることが大切ですからね!

肩こりと枕ならこちら

カテゴリー: 未分類 パーマリンク