一年の中でも特に夏の時期になると、インナードライ肌と呼ばれる肌質に変化してしまう人が多いと言われています。インナードライとは、その名前が示している通り、中が乾燥している、つまり肌の内部である角質層の部分が乾燥している状態のことを指しています。このように内部はたいへん乾燥しているのに、皮膚の表面はたいへん脂っぽく、てかてかして見えるのが特徴となっています。
では、このようにインナードライの状態にあると果たしてニキビはできやすいと言えるのでしょうか。答えから言えば、こうした状態ではニキビがたいへんできやすい状態になっていると言うことができます。その主な理由は、皮膚の持つバリア機能の低下と関係があると考えられています。
上述しました通り、皮膚の内部にある角質層の水分量が少なくなり、非常に乾燥した状態にありながら、表面的には皮脂の分泌が多いというのがインナードライの特徴です。このように、角質層の水分量が少なくなると、皮膚の持つバリア機能は低下してしまいます。基本的に言って、この重要なバリア機能によって、外部にある細菌や汚れ、ほこりといったさまざまな異物から大切な皮膚を守ることができます。また、同じバリア機能によって、皮膚の水分が不必要に蒸発していってしまうことがないよう保護され、潤いが保たれているのです。つまり、そのような働きをしているバリア機能が低下すると、どんなことが生じるかは想像に難くありません。外部からの細菌やほこりといった異物が容易に侵入できるようになってしまいます。加えて、皮膚に必要な水分を保つ潤いを保つことができないため、水分はどんどん蒸発していってしまうのです。こうして、皮膚の水分がどんどん蒸発していくと、乾燥から皮膚を守るために皮脂を大量に分泌するようになります。このような状態が、内部は乾燥しているのに表面的には脂っぽいという状態なのです。
このように、皮脂が過剰に分泌されれば、当然のことながら、毛穴には皮脂が詰まりやすくなるでしょう。つまり、ニキビができやすい状態になってしまうというわけなのです。それに加えて、内部は常に水分量が足りず乾燥しているため、その乾燥を食い止めるためにどんどん皮脂を分泌します。どんどん、ニキビができやすい肌の状態へと悪化していってしまうのです。このようなインナードライ肌を引き起こす要因には幾つかあるため、正しい対策を講じて乾燥を防ぐように心がけたいものです。