インナードライ肌だとニキビができやすいって本当?

 

化粧水をつけてもすぐ乾燥する…
洗顔をしてもすぐテカる…

 

そんな症状でお悩みの人は“インナードライ肌”の可能性があります。
インナードライ肌とは肌の表面は皮脂が多く分泌されているのに
内側は乾燥している状態のことで、“隠れ乾燥肌”とも呼ばれます。

 

実はこのインナードライ肌はニキビもできやすくしてしまうんです。
ここではそんなインナードライ肌とニキビの関係と、対策法をご紹介します。

 

インナードライ肌でニキビができやすい理由

 

 

皮脂の分泌が多い

 

肌の内側が乾燥していると、肌はそれを和らげるために皮脂を分泌します。
つまり肌の内側が乾燥すればするほど多くの皮脂が分泌されることになります。
これがインナードライ肌のメカニズムです。

 

ニキビは毛穴に汚れや角質、皮脂が詰まってしまうことで起こります。
そのため皮脂が多く分泌されてしまうインナードライ肌になるとニキビができやすくなってしまうのです。

 

ターンオーバーがうまくいかない

 

私たちの肌は寝ている間に生まれ変わります。
これをターンオーバーと言って、昼間受けたダメージを修復し新しい肌の細胞を作っています。
睡眠不足が肌に良くないと言われているのはこのターンオーバーがうまくいかないためですね。

 

乾燥がひどいとターンオーバーをスムーズに行うことができません。
そのためニキビを含め、シミ、くすみ、たるみ、乾燥の悪化などの肌トラブルが起きやすくなります。

 

インナードライ肌を改善するには?

 

 

皮脂の分泌を抑えるためには内側の乾燥を改善する必要があります。
そのためにできる対策を日常生活に取り入れていきましょう。

 

乾燥を防ぐ正しいスキンケア

 

洗顔のときに強く力を入れてこすり過ぎると肌に必要な油分まで落ちてしまい
乾燥をひどくしてしまいます。
洗顔料を良く泡立て肌への摩擦をなるべく少なくしましょう。

 

またクレンジングでメイクを落とすときもゴシゴシこすってしまいがち…。
優しくメイクを浮かすようにクレンジングすることが大切です。
オイルタイプをミルクタイプに変えるのも効果的ですよ。

 

保湿をしっかり!肌の奥まで水分を届ける

 

乾燥を防ぐためには何といっても“保湿”が大切になってきます。
保湿力の高い化粧水を使う、また肌の内側で水分を保持できるような
保水性のある化粧水を選ぶことも効果的です。
成分が内側までしっかり行き届く浸透力の高い化粧水がおすすめですよ。

 

 

「リプロスキン」なら美容成分を角質層まで浸透させるだけでなく、
できてしまったニキビのケアもできます。
乾燥やテカりだけではなくニキビや肌のごわつきが気になる人にはぴったりです。

 

>>インナードライ対策化粧水「リプロスキン」はこちら

 

 

インナードライ肌を改善してニキビ解消!

 

ニキビができやすいという人はまずは乾燥対策を意識してみましょう。
表面がオイリーだとどうしても保湿を怠りがちですが、
内側は乾燥しているかもしれません。
正しい洗顔と保湿で、肌トラブルのない綺麗な肌を手に入れましょう!